スタンスミスのインソールをニューバランスのインソール「RCP130」に交換して高機能に! -スニーカーの洗い方と道具について-

購入して1年くらい経過したスタンスミスのインソールの汗染みが気になったのでニューバランスのインソールに交換しました!

スニーカーのメンテナンスに関連する記事はこちら

スニーカーの洗い方に関連する記事はこちら

スポンサードリンク

1年履いたスタンスミスのインソール

1年履いたスタンスミスのインソール

こちらがそのインソールです。バレンタインモデルなのでめちゃくちゃ派手です…笑
踏み込む部分に黒い汗染みが広がっています。これの黒ずみって落ちないんですよね。
デザインがちょっと派手なのも気になっていたので今回インソールを交換することにしました!

ニューバランス「RCP130」

交換用のインソールで人気のものを調べてみるとニューバランス「RCP130」が出てきました。クッション性に優れていて軽量らしいです。ニューバランスは靴も履きやすいので期待できそうです。なんでも歌手兼ダンサーの三浦大知さんがダンス用の靴全てにこのインソールを入れているらしいです。これはかなり期待できそう!
サイズが
SS:21.5~22.5cm
S:23~24cm
M:24.5~25.5cm
L:26~27cm
O:27.5~28.5cm
XO:29.0~30.0cm
とあるようですが自分のスタンスミスはサイズが26.65cmなのでLサイズを購入しました。

パッケージ

ニューバランス「RCP130」のパッケージ表
ニューバランス「RCP130」のパッケージ裏

Amazonで購入して届いたパッケージです。軽量、クッション性、グリップ力、通気性がウリとのことです。

ニューバランス「RCP130」のパッケージ裏 アップ

内容

ニューバランス「RCP130」内容

インソール左右1枚ずつ入っていますパッケージの厚紙を自分のスニーカーのサイズで切り取って型紙として利用します。
インソールの厚みは下記写真の通り薄めです。

ニューバランス「RCP130」厚み

他のインソールとの比較

インソールの厚みの比較

左がアディダス「スタンスミス」純正インソール、真ん中が今回購入したニューバランス「RCP130」、左がコンバース「ジャックパーセルの」純正インソールです。
スタンスミス純正インソールが一番薄いようです。ニューバランス「RCP130」は低反発のような触り心地です。ジャックパーセル純正インソールは厚みがかなりある方なので、そこまでではないということになります。

スポンサードリンク

インソールをスニーカーのサイズにカットする

厚紙をカットして型紙に

厚紙をカットしているところ

自分が入れたいスニーカーの足のサイズと厚紙のサイズを照らし合わせつつ厚紙をカットします。

型紙を元にインソールをカット

型紙をインソールにあわせたところ

型紙を当てながらインソールをカットしていきます。

型紙をインソールにあわせてカット

スニーカーにインソールを入れてみて微調整

靴紐をほどいてインソールを入れる前

スニーカーの紐を解いて実際にインソールを入れてみます。つま先やカカトを手で確かめつつしっかりはめてみます。

インソールを入れてみたところ 少しシワがある

シワになってる部分や実際に履いてみて気になる部分などがあればインソールをさらにハサミでカットして微調整します。

インソールのサイズを微調整

完成

インソールが綺麗にはいりました。

微調整をしてから実際に履いてみて確認をします。問題なければ完成です。インソールがニューバランスになりました。低反発の感触が踏むたびに気持ちいいです。そしてインソール全体で足裏をしっかり包み込んでいる感覚があるので踏み込みが気持ちいいです。

完成です

まとめ

インソールを交換することで、汚れても買い換えればいいという安心感もありつつ履き心地もかなり良くなりました
これからはいい靴を買ったらインソールこの「RCP130」に交換することにしようかなと思いました。
純正インソールの汗染みが気になる方は是非試してみてください!

スニーカーのメンテナンスに関連する記事はこちら

スニーカーの洗い方に関連する記事はこちら

スポンサードリンク

新着記事NEW POST

人気記事POPULAR POST

スポンサードリンク