賃貸OK!Amazon「Echo Show 15」の壁掛け方法を紹介します。

当ページのリンクには広告が含まれています。
賃貸OK!自宅にAmazon「Echo Show 15」を設置!取り付け方をご紹介します。

戸建てに先日引っ越したのですが、リビングの壁にAmazon「Echo show 15」を設置しました。

家族の写真をスライドショーとして流したり、天気が分かったりと便利です!

スピーカー内蔵のためもちろん音楽も聞けますし、動画をみることもできます。
リビングのメインコンソールとして様々な用途で使用できるので気に入って使っています。
かなりおすすめのデバイスなのですが、説明書通りの取り付け方法だと壁に大きな傷をつけないと設置できません。
賃貸の方や購入したばかりの自宅に大きな穴をあけるのはちょっと嫌ですよね。

今回はそんな方におすすめのAmazon「Echo show 15」の壁を傷をつけない取り付け方をご紹介します。

Amazon「Echo Show 15」について

Amazonが販売しているスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズでタッチ操作に対応した液晶モニターと一体型のモデルが「Echo Show」シリーズです。
その中でも最大サイズの15インチの液晶モニターを搭載しているのが今回ご紹介する「Echo Show 15」です。
スマートスピーカーとして利用できる上に大画面モニターとAmazonプライムのサービスを駆使し様々なコンテンツが利用できます。

Amazon「Echo Show 15」
総合評価
( 5 )
メリット
  • 15.6インチの大画面で様々なアプリやスキルを使えるスマートスピーカー
  • 家族の写真をスライドショーとして流し続けることも可能
  • 時間、予定、天気などの家族の予定を映すメインコンソールとして使用可能
  • スマート家電などと連携させることで操作することが可能
  • もちろんAmazonプライムビデオやAmazonミュージックなどのエンタメサービスも利用可能
デメリット
  • 価格が少々割高

通常の「Echo Show 15」の取り付けで方法では不安

壁に取り付けた「Echo Show 15」
壁に取り付けた「Echo Show 15」

Amazon「Echo Show 15」は壁掛け式です。
本来の取り付け方は壁にアンカーを打ち込んでブラケットをねじ止め。そして壁に取り付けたブラケットにAmazon「Echo Show 15」本体を差し込むという方法になります。
ただこのやり方には大きな不安要素があります。

壁にアンカーを打ち込むと大きく跡が残ってしまう

「Echo Show 15」付属のアンカー。太いネジとアンカーを壁に打ち込むのは勇気が入りますね。
「Echo Show 15」付属のアンカー。太いネジとアンカーを壁に打ち込むのは勇気が入りますね。

本来の取り付け方で壁にアンカーを打ち込むと、取り外し後にアンカーの跡が大きく残ってしまいます。
購入直後の家なのでなるべく跡の残らない方法にしたい…
ということで賃貸でも可能な壁に跡があまり残らない取り付け方を考えて試してみました。

「Echo Show 15」の賃貸OKな取り付け方

3点ピンを打ち込むタイプの画鋲を利用

3点ピンを打ち込むタイプの画鋲「Jフック」
3点ピンを打ち込むタイプの画鋲「Jフック」

アンカーと画鋲を打ち込む部分に3点ピンを打ち込むタイプの画鋲「Jフック」を代用しました。
耐荷重5kg4隅に打ち込むので重さに耐えられないということはなさそうです。
現在取り付けから3ヶ月ほど経過していますが、落ちることもなく安定しているので大丈夫でしょう。
念の為取り付けは自己責任でお願いします!

created by Rinker
和気産業
¥1,045 (2024/02/26 00:44:44時点 Amazon調べ-詳細)

余談ですがこのタイプのピンは無印良品の壁に取り付ける収納シリーズでも使われているので安心ですね。

取り付け位置を決める

取説の型紙を利用して「Echo Show 15」の取り付け位置をしっかり決める
取説の型紙を利用して「Echo Show 15」の取り付け位置をしっかり決める

付属のガイドを利用して取り付け位置をしっかり決めます。
この時水平になるように注意してください。
画面取り付け位置が斜めにずれていると使っているうちに気になってきます。

ピンを打ち込む

「Echo Show 15」のブラケットにピンを打ち込んでいるところ
「Echo Show 15」のブラケットにピンを打ち込んでいるところ

位置を決めたらブラケットを取り出します。
ピンをブラケットの穴にハンマーで打ち込んで固定しましょう。
片側にピンを打ち込んだら、ガイドを外します。
ガイドを外したら残りも打ち込みましょう。

片側を取り付けたら型紙は抜いてしまいましょう。
片側を取り付けたらガイドは抜いてしまいましょう。

「Echo Show 15」をブラケットに取り付ける

「Echo Show 15」の背面コードは窪みを通して逃しましょう
「Echo Show 15」の背面コードは窪みを通して逃しましょう

Amazon「Echo show 15」の背面に電源のコードを差し込みます。
コードを逃すため窪みにコードを通すことを忘れないでください。
Amazon「Echo show 15」の背面にはブラケットに差し込むための溝が空いています。
この溝にブラケットを差し込んで取り付けます。

電源コードをモールで隠す

Amazon「Echo show 15」を取り付けたら電源コードが目立たなくなるようにモールを取り付けました。
線が太かったりするので余裕を持って幅は2号(幅20mm程度)にしました。
長さに関してはそれぞれ違うと思うのでご自分で計画してください。
こちらの切れるモールは文字通りカットしやすくて良かったです。

モールをカットする

Amazon「Echo show 15」の電源コードに取り付けるモールの長さを決めます。
長さを決めたらよく切れるハサミかカッターなどでモールをカット。
モールカッターというものもあるので切りにくいという方はどうぞ

モールを取り付ける部分にマスキングテープを貼る

created by Rinker
日本紐釦貿易(Nippon Chuko)
¥529 (2024/02/25 23:25:55時点 Amazon調べ-詳細)

直接モールを壁に貼り付けることも可能ですが、両面テープを剥がす際に壁を傷つける可能性があります。
万全を期すために今回は壁にマスキングテープを貼ってその上からモールを貼り付けます。
モールと同じ長さでカットしたマスキングテープを壁に貼り付けます。

マスキングテープの上からモールを貼り付ける

モールを上手く使うと「Echo Show 15」がスッキリ見えていいですね。
モールを上手く使うと「Echo Show 15」がスッキリ見えていいですね。

モール付属の両面テープを使ってマスキングテープの上からモールを貼り付けます。
モール付属の両面テープの粘着力に不安がある場合は強力な両面テープを使うのもいいと思います。
モールに両面テープがついていない場合は自分で調達しましょう。

取り付け完了

「Echo Show 15」を取り付けたら初期設定を行いましょう。

これで取り付けは完了!
取り付けが終わったら初期設定。インストールを行なってください。

まとめ

Amazon「Echo show 15」の壁への取り付けは賃貸でも可能です!
諦めていた方や壁を傷つけずに取り付けたいという方は是非参考にしていただければと思います。

スマートホーム化するなら回線の高速化は必須!

戸建ての2階でもネットの接続を安定させるなら

スマートロック「SESAME」に指紋認証、ICカード認証機能を追加できるアイテムがついに登場!

自宅をスマート化するならこんな記事もおすすめ

Echo Show 5を壁に取り付けるやり方はこちら

Echo Show 5のおすすめポイントはこちら

この記事で紹介したアイテム
created by Rinker
和気産業
¥1,045 (2024/02/26 00:44:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日本紐釦貿易(Nippon Chuko)
¥529 (2024/02/25 23:25:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ニトムズ(Nitoms)
¥712 (2024/02/26 00:44:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
SK11(エスケー11)
¥1,980 (2024/02/26 00:44:46時点 Amazon調べ-詳細)