白スニーカーの洗い方と長持ちさせるおすすめのクリーニング方法を紹介します!

当ページのリンクには広告が含まれています。
白いスニーカーを長持ちさせる!おすすめの洗い方とクリーニングテクニックを紹介!

白スニーカーはスタイリッシュでおしゃれですが、汚れが目立つのが気になるという方は多いと思います。

白いスニーカーはやっぱり綺麗なまま履き続けたいですよね。


この記事では、実際に履きつぶし汚れてしまった白いスニーカーを使って、綺麗なまま長く履き続けるための洗い方やクリーニングテクニックを徹底解説します。
お気に入りの一足をいつまでもキレイに保ちましょう!

この記事はこんな人におすすめ
  • 汚れてしまった白いスニーカーの洗い方がわからない
  • 白いスニーカーを洗うときにどんな道具や洗剤を使えばいいか分からない
  • 白いスニーカーが汚れないよう予防する方法を知りたい
  • 大切な白いスニーカーをしっかりメンテナンスしたい

Contents

今回洗う白スニーカー:FILA「フィラレイ」

ファッション、スポーツ両面の要素が凝縮された、FILAの情熱と進化を象徴したアイテム“FILARAY(フィラレイ)”。
日々のカジュアルスポーツミックススタイルにすっとなじむ1足。シンプルでクリーンなカラーリングは服を選ばず、厚めのソールはクッション性に優れ、スタイルアップ効果も期待。トレンドスタイルの着こなしや、ストリートシーンでも活躍するマルチなスニーカー。

FILA Ray ST |FILA(フィラ)公式通販|オンラインストア

今回はFILAの白いスニーカーを洗います。
微妙に現行モデルとは違うのですが「FILA Ray」に近いんじゃないかなと思います。
白を基調としつつFILAのロゴの青や赤いワンポイントが爽やかなアクセントとして効いています。

個人的には「ディスラプター2」というモデルも最近のFILAっぽくて好きです。

今回洗う白スニーカーの汚れ具合の確認

洗う前の白いスニーカーを正面から見た写真。かなり汚れている。
洗う前の白いスニーカーを正面から見た写真。かなり汚れている。

かなり汚れが目立ちますね。
全体的には土埃のような汚れが見られます。
また、白スニーカー表面の白いステッチが汚れている場合洗濯するだけでは落ちないことが多いのでポイントになりそうです。

靴紐の部分もかなり汚れています。
靴紐は今回もオキシクリーンを使って漬け置き洗い通称オキシ漬け)にします。

今回洗う白いスニーカーは靴紐の部分も汚れている
靴紐の部分も汚れている

次にサイドの汚れですが土埃のような汚れに加えて、合皮のひび割れも見られます。
素材が乾燥したまま放置するとこのようなひび割れになるので本来は定期的な保湿が必要です。

洗う前の白いスニーカーをサイドから見た写真
洗う前の白いスニーカーをサイドから見た写真

かかと側は比較的きれいですね。
土埃のような汚れが気になるので落としたいところです。

洗う前の白いスニーカーをかかと側から見た写真
かかと側は比較的きれいに見える

靴底も見てみましょう。
泥や土埃でかなり汚れていますね。おそらく雨でぬかるんだ地面を歩いてついた汚れかと思います。
ブラシと石鹸でごしごし磨いて汚れを落としたいと思います。

靴底も泥汚れのようなものでかなり汚れている
靴底も泥汚れのようなものでかなり汚れている

タンの部分はよく見えないので靴紐をほどいてみます。

洗う前の白いスニーカーの靴紐を解いた写真。タンがかなり汚れている。
洗う前の白いスニーカーの靴紐を解いた写真。タンがかなり汚れている。

かなり汚れていますね。油汚れのようなものが気になります。
べっとりとこびりついた油汚れはもしかしたら落ちないかもしれません。

全体的な汚れやダメージをみた上での今回のポイントが下記です。

今回洗うスニーカーのポイント
  • 靴紐のオキシ漬けと洗濯
  • 全体的な洗濯
  • ひび割れの補修
  • 洗濯して落ちない汚れのホワイトニング
  • インナーの破れた箇所の補修
  • 汚れの予防とケア

各ブロックの手順の前にまずは使用する道具をご紹介します。

今回白いスニーカーをきれいにするため使用する道具

大切な白いスニーカーをきれいにするなら道具が大事です。
筆者が今まで色々試してきた中で使っていて失敗することが少なく使い勝手が良かったアイテムをご紹介します!

白いスニーカーの汚れ落としで使う道具

ジェイソンマーク「シュークリーナー」

スニーカーシャンプーとも呼ばれるスニーカー用の洗剤です。
似たような洗剤は色々ありますが個人的にはジェイソンマークが1番使い勝手が良く気に入っています。

本当に汚れがよく落ちるんです!白いスニーカー、革、キャンバス素材、なんでもOK!
少々お値段はお高いのですが、長持ちするのでコスパはいいです。

使い捨てのクリーナーや追加のブラシがついたコンプリートセットもあります

created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥4,510 (2024/04/10 02:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

スターターセットには防水スプレーなども入っています

created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥5,060 (2024/04/10 02:43:38時点 Amazon調べ-詳細)

ズボラな方には泡タイプの洗剤もおすすめ

硬めのブラシ

硬めでゴシゴシ洗えるブラシがあると靴底や靴紐を洗う際に便利です。
このブラシは取っ手がついていて使いやすいのでおすすめです。

スニーカークリーナー

created by Rinker
¥1,033 (2024/04/09 23:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

スニーカーのアウトソールの汚れを落とす消しゴムのようなクリーナーです。
これもスニーカー好きなら必須アイテムと言えるでしょう、
スニーカー用をひとつ持っておくと重宝しますよ!

種類は色々ありますがフィーリングで選んでみてもOK

M.モゥブレイ「ステインリムーバー」

こだわりたい人におすすめの汚れ落としです。革靴用の水性洗剤で合成皮革でも使えます。
ピンポイントで除去したい頑固な汚れがある場合や、アウトソールの小さな溝に入った汚れを落とす際に大活躍します。
こちらもひとつ持っておくと重宝します。

メラミンスポンジ

小傷や汚れ落としから補修用の絵の具の塗布などにも使えます。
筆者は激落くんを使っていますが、どこのメラミンスポンジでも構いません。

スニーカーの補修に使う道具

補修系の道具はスニーカーを白く、きれいに見せるための勘所となります。

コロンブス「アドカラーチューブ」

created by Rinker
コロンブス(Columbus)
¥678 (2024/04/09 10:28:16時点 Amazon調べ-詳細)

チューブに入った絵の具のような塗料です。
元々が皮革製品用なのですが合皮やゴムのようなソールでも使えます。
アドカラーチューブををひび割れの部分に塗ってなじませると固まり、補修できるというアイテムです。
カラーも様々出ていますが、今回使うのはホワイトです。

筆があると塗りやすかったです

created by Rinker
タミヤ(TAMIYA)
¥379 (2024/04/09 20:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

アクティカ「すりきれ防衛隊」

内側のメッシュの破れを補修する際に使用します。
両面テープになっていて破れた部分に貼り付けて補修します。

タラゴ「スーパーホワイト」

created by Rinker
TARRAGO(タラゴ)
¥1,100 (2024/04/09 08:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

塗料が入った缶の先にスポンジがついています。
塗料が染み込んだスポンジをスニーカーの気になる部分にポンポンすると表面に絵の具が流れ込み、補修ができるというものです。

スニーカーのケアとメンテナンスに使う道具

スニーカーを長くきれいな状態で保ちたいなら、メンテナンスとケアが大事です。
いい道具をきちんと選ぶことでスニーカーが何年も長く使えるようになりますよ。

M.モゥブレイ「デリケートクリーム」

created by Rinker
¥1,320 (2024/04/10 02:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

革を保湿することで、劣化によるひび割れなどを防ぐクリームです。
天然皮革や合成皮革は履いているうちに乾燥するなどでヒビやシワの出来やすい素材です。
ヒビやシワを完全に防ぐということはなかなか難しいのですが、素材を乾燥させないためにもおすすめです。
こちらは皮革製品全般に使用できるのでバッグや財布などの保湿も可能です。

スニーカー用の防水スプレー

created by Rinker
¥2,970 (2024/04/10 02:43:37時点 Amazon調べ-詳細)

お気に入りのスニーカーや高価なスニーカーなら、仕上げに防水スプレーでコーディングするのが鉄則です。
撥水効果もありますが、汚れを防止する効果も期待できます。一度の使用で防水効果は1ヶ月くらい持続します。
防水スプレーは大切に履きたいスニーカーをきれいに維持するなら定期的に使用したい必須のアイテムのひとつです。
各社それぞれ防水スプレーが出ていてどれにするか悩ましいところ。

ホームセンターなどに売っている用途が違う防水スプレーを使用すると
スニーカーが濡れてびちゃびちゃになってしまうことも…
絶対にスニーカー用を選んでください。

話題のcrepの防水スプレーに関しては下記の記事で紹介しています!

白いスニーカーの洗い方

スニーカー本体を洗う前に乾かすまでの時間がかかる靴紐から洗うのがおすすめです。

スニーカーの靴紐の洗い方についてはこちらの記事でご紹介しています

スニーカーを洗うために必要な道具を準備する

白いスニーカーを洗う道具
今回使う道具

ぬるま湯を軽く張った風呂桶とジェイソンマーク「シューケアキット」を用意します。
素材を傷つけずに洗濯の効果を高めるためにはぬるま湯がおすすめです。
お湯と水を混ぜて40〜60℃程度のぬるま湯を作ってください。
風呂桶のぬるま湯は汚れたら取り替えるのでお湯が余った場合は残しておいてください。

風呂桶に用意したぬるま湯
風呂桶にぬるま湯を用意します

ジェイソンマーク「シューケアキット」付属のジェイソンマーク「スタンダードシュークリーニングブラシ」は柔らかい豚毛のブラシです。
そのため、洗剤が良く泡立ち、靴を傷つけることなく磨くことが可能な優れ物です。

ぬるま湯にジェイソンマーク「スタンダードシュークリーニングブラシ」を浸して水分を含ませたら軽く水気を切ります。
スニーカーに水分はなるべくNGなのですが、洗剤を泡立たせるためには最低限の水分が必要です。

洗剤を泡立たせるのが面倒!という方は泡立てた洗剤が直接出てくる泡タイプのクリーナーがあるのでおすすめです。
少々割高ですが手間も省けて間違いもありません。

ブラシに洗剤を数的垂らす

スニーカーシャンプーを数的ブラシに垂らします
洗剤は数滴で構いません。

ジェイソンマーク「スタンダードシュークリーニングブラシ」の上からプレミアムシュークリーナーを数滴垂らします。
最低限泡立てば汚れは浮かして取れるので洗剤の量は少しでも構いません。

洗剤をよく泡立たせながらスニーカーのブラッシングと拭き取り

洗剤をよく泡立たせながらスニーカーのブラッシングを行います。
シャカシャカと泡立たせながら磨いていきます。

ブラシをしゃかしゃかと動かして洗剤を泡立たせながら気になる汚れの部分をブラッシングしていきます。

水分がスニーカーに染み込んでしまうと素材によくないのでこまめに古布で水分をよく拭き取りつつさらにブラッシングしていきます。
ブラッシングと拭き取りの工程はスニーカーの汚れに合わせて数回行っても構いません。

スニーカーに付着した泡や洗剤はすぐに拭き取ります。
泡は磨いたらすぐ拭き取ってください。

白いスニーカーの靴底はウタマロ石鹸と硬めのブラシで洗う

靴底の頑固な汚れはウタマロ石鹸でゴシゴシ洗って落とします。
靴底の頑固な汚れはウタマロ石鹸でゴシゴシ洗って落とします。

靴底にこびりついた泥などの汚れはウタマロ石鹸と硬めのブラシを使って落とします。

まずはウタマロ石鹸を風呂桶のぬるま湯か水で浸して軽く水分をもたせます。

スニーカーの靴底を洗う前にウタマロ石鹸をお湯か水に浸します。
スニーカーの靴底を洗う前にウタマロ石鹸をお湯か水に浸します。

ウタマロ石鹸に軽く水分を含ませたら靴底に石鹸を擦り付けます。

スニーカーの靴底にウタマロ石鹸を塗っていきます。
ウタマロ石鹸をゴシゴシ塗ります。

ウタマロ石鹸を靴底に塗り込んだら、ぬるま湯を軽く含んだ硬めのブラシでゴシゴシ磨きます。
泡立てながら磨けると尚良いと思います。

硬めのブラシで靴底をゴシゴシ磨きます。
硬めのブラシで靴底をゴシゴシ磨きます。

磨いているうちにブラシが汚れてきます。
汚れたブラシで磨くと汚れが素材に定着してしまうので、風呂桶の水で適度に洗いましょう。
風呂桶の水がかなり汚れてきました。汚れたら水を取り替えましょう。

スニーカーの靴底を洗ったブラシは定期的に水で洗いましょう。
風呂桶の水が汚れてきたら取り替えてください。

あくまで靴底なので細かいところまでは気にしなくてもいいと思います。
根気よく磨いていると、かなりきれいになってきました!

靴底を洗ったスニーカー。かなりきれいになりました。
靴底を洗ったスニーカー。かなりきれいになりました。
created by Rinker
¥1,050 (2024/04/10 00:11:44時点 Amazon調べ-詳細)

洗ったスニーカーを自然乾燥する

洗ったスニーカーは風通しの良い日陰で自然乾燥します。
洗ったスニーカーは風通しの良い日陰で自然乾燥します。

洗ったスニーカーは風通しの良い日陰で自然乾燥します。
日向で干してしまうと洗い残しの洗剤などにより黄ばんでしまうことがあるので避けましょう。

スニーカーが乾いたら汚れの確認

白いスニーカーを洗剤で洗う前と洗った後のビフォーアフター
洗剤で洗う前と洗った後のビフォーアフター

スニーカーが乾燥したら一度汚れの状態を確認します。
洗剤で洗っただけでもかなりきれいになりましたが、元々状態が悪いスニーカーだったため気になるところがまだあります。

白いスニーカーを洗剤で洗ったがまだまだ汚れや傷が目立つ部分が残った
  • アウトソールの汚れ、小傷
  • 革パーツの乾燥、ヒビ割れ
  • 全体的な黒ずみ

スニーカークリーナーとメラミンスポンジでアウトソールの汚れを落とす

スニーカーのアウトソーるの汚れはスニーカークリーナーを使って落とします
消しゴムの容量でゴシゴシ汚れを落とします。

洗剤で洗っても落ちない汚れがソールに残っていると思います。
そんな汚れにはスニーカー用の消しゴムを使います。
根気よくゴシゴシやっていると段々きれいになってきます。

created by Rinker
¥1,033 (2024/04/09 23:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

スニーカークリーナーで落ちない汚れはメラミンスポンジを試してみると取れることがあります。

スニーカークリーナーで落ちない汚れはメラミンスポンジを試してみると取れることがあります。

小傷や手の届かない部分の汚れにはステインリムーバー

大まかに洗った後に細かい汚れが気になってきたらステインリムーバーで汚れを取ります。
まずはタオルなどの布にM.モゥブレイ「ステインリムーバー」を軽く浸します。

タオルなどの布にステインリムーバーを含ませます。

布にM.モゥブレイ「ステインリムーバー」を浸したら気になる汚れをゴシゴシ磨いていきます。
その際に水分はすぐに拭き取ってください。

汚れた部分をゴシゴシ磨きます。

表面の革が乾燥していたら革用の保湿クリームがおすすめ

created by Rinker
¥1,320 (2024/04/10 02:43:36時点 Amazon調べ-詳細)

スニーカー表面の素材が乾燥している場合は保湿クリームを使いましょう。
クリームを塗り込み革に栄養を与えて保湿することでシワやヒビ割れを防止する効果があります。
おすすめのクリームはM.モゥブレイ「デリケートクリーム」
革や合皮だけではなく皮革製品全般に使用可能なので財布やカバンなどにも使えます。

白いスニーカーの補修

スニーカー内側のメッシュの破れは「すりきれ防衛隊」で補修!

スニーカーの内側にメッシュの破れができている場合は「すりきれ防衛隊」で補修します。
内側のメッシュ部分に破れがありました。

スニーカー内側のメッシュ素材が破れていたので「すりきれ防衛隊」で補修します。
使い方は簡単!すりきれ防衛隊裏側の両面テープの剥離紙を剥がしてスニーカーの内側に貼るだけ。

両面テープの粘着力が弱まるのでなるべく一回で貼りましょう。
スニーカー内側の構造によっては切れ込みを入れて貼っても構いません。

スニーカーの内側に「すりきれ防衛隊」を張ったところ

詳しいやり方は下記の記事でも解説しています!

スニーカー表面にヒビ割れがある場合

白いスニーカーを洗剤で洗ったがまだまだ汚れや傷が目立つ部分が残った

今回洗ったFILAのスニーカーには乾燥によるヒビ割れが…
シワだけの状態ならクリームで保湿することでヒビ割れを防げますが、既にヒビ割れている場合は効果がありません。
そんな場合は皮革製品用の絵の具。コロンブス「アドカラーチューブ」を使って表面を補修します。

created by Rinker
コロンブス(Columbus)
¥678 (2024/04/09 10:28:16時点 Amazon調べ-詳細)

まず「アドカラーチューブ」を少量取り出します。

白いスニーカーのヒビ割れた部分をコロンブス「アドカラーチューブ」で補修します。

次に補修したい部分に塗り込みます。
自然な仕上がりになるよう筆などで馴染ませたら乾かします。

白いスニーカーのヒビ割れた部分をコロンブス「アドカラーチューブ」で補修したビフォーアフター

乾いたら完成です。かなりきれいになりました!

詳しいやり方は下記の記事をご覧ください

スニーカー全体の黄ばみや汚れのホワイトニング

created by Rinker
TARRAGO(タラゴ)
¥1,100 (2024/04/09 08:51:31時点 Amazon調べ-詳細)

最後に洗っただけでは落ちない全体的な汚れをホワイトニングします。
使う道具はTARAGO「スーパーホワイト」

使い方は簡単です。まずは缶をシャカシャカ振リます。
その後スニーカーの白くしたい箇所に塗料をポンポン当てるだけ。簡単にホワイトニングできます。

この工程で意識したいことは汚れてしまったステッチを真っ白くすることです。
ステッチの汚れを取るために色々なやり方を試しましたがこれ以外できれいにする方法がありません。
小さいところですが人間の目は小さいところをかなり意識してしまうものなので、ステッチを白くするだけでスニーカーの印象がかなり変わります。ぜひ試してみてください。

他にも汚れが気になった場所はだいたいスーパーホワイトでホワイトニングしました。

今回のスニーカーでいうところのFILAのロゴマークは赤と紺色なのでスーパーホワイトが当たってしまうと白くなってしまいます。気をつけてください。

白いスニーカーのクリーニングが完了!ビフォーアフターで比べます

ホワイトニングが終わったのでスニーカーのクリーニングの工程が終了です。
早速ビフォーアフターで見比べていきます。

正面から見たビフォーアフター

白いスニーカーのクリーニング前後の正面から見たビフォーアフター

見比べると差は歴然ですね。なかなかきれいに出来たと思います。
靴紐や汚れたステッチが白くなるとかなり印象が変わります。

サイドから見たビフォーアフター

白いスニーカーのクリーニング前後のサイドから見たビフォーアフター

横から見てもアウトソールやステッチが白くなったため、かなりきれいに見えます。

かかと側から見たビフォーアフター

白いスニーカーのクリーニング前後のかかと側から見たビフォーアフター

かかと側は比較的きれいでしたが、色々なパーツが白くなるとよりきれいに見えますね。

タン付近から見たビフォーアフター

白いスニーカーのクリーニング前後のタン付近から見たビフォーアフター

油汚れのような黒い塊もきれいになりました。

スニーカーのメンテナンスとケアについて

きれいに洗ったスニーカーは定期的なメンテナンスとケアをすることでもっと長く履けます。
筆者が定期的に行なっているメンテナンス、ケアやスニーカーを長持ちさせる道具をを紹介します。

洗った後は汚れ対策!防水スプレーで定期的なコーティング!

created by Rinker
¥2,970 (2024/04/10 02:43:37時点 Amazon調べ-詳細)

大事なスニーカーをきれいに洗った後はスニーカーが汚れないよう予防しましょう。
スニーカー専用の防水スプレーでコーティングすることで水だけじゃなく汚れも防ぐことができます。

1ヶ月程度で効果が弱まってくるので定期的な使用をおすすめします。

スニーカーへの防水スプレーのやり方

防水スプレーを振る

缶を振って中の液体を均等になるようならしてください。

防水スプレーを吹きかける
白いスニーカーをきれいに保ちたいなら定期的に防水スプレーを使ってください。

2、30cm離れた場所から防水スプレーを全方向から振りかけます
スニーカーとスプレーをつい近づけたくなりますが、近すぎるとスニーカーがびちゃびちゃになるので気をつけてください。

自然乾燥して定着させる

風通しの良いところで30分陰干しします。

1~3の工程を二回繰り返す

この工程を二回繰り返すことで強力な防水の膜を作ることが可能です。
かなり効果的なのでぜひ試してください。

巷で噂の防水スプレーを試してみた記事はこちら

インソールの汚れは絶対に落ちない!インソール交換が履き心地もアップでおすすめ!

汗染みの定着しやすいインソールはきれいに洗う事が不可能です。
スニーカー付属のインソールをきれいに取っておきたい場合は履き心地も向上するので別売りのインソールに交換するのがおすすめです。

筆者はNew Balanceのインソールをよく利用していますが足裏に張り付くような感触が快適です。

エアフォースワンにNew Balanceのインソール「RCP150」を付けてみた記事です

KicksWrapのインソールも人気のようです!

created by Rinker
KicksWrap
¥1,650 (2024/04/10 08:12:59時点 Amazon調べ-詳細)

大事なスニーカーなら下駄箱で保管するのはNG!シューズボックスでの保管がおすすめ!

下駄箱には湿気が多いのでスニーカーの保存には向いていません。
大事なスニーカーにカビが生えたりする前にシューズボックスで保管するのがおすすめです。

下記の記事で紹介しているシューズボックスは筆者も利用していますがコスパが良いのでおすすめです。

コスパ良しでおすすめのシューズボックスの記事はこちら

大事なスニーカーなら木製のシューキーパーで保管するのがおすすめ!

スニーカーを履いているとどうしても出来てしまうシワやヒビ割れ。
これを最小限にとどめるなら木製のシューキーパーがおすすめです!
少々お高いですが、その分しっかりとキープしてくれます。
さらにレッドシダーという木材でできているモデルなら消臭、除菌効果も期待できます。

エアフォースワンで実際に試してみた記事はこちら

まとめ

白いスニーカーのクリーニング前後の正面から見たビフォーアフター

汚れてしまった白いスニーカーでもきれいにすることが可能です。

道具や手順をしっかり考えて洗えばきれいに履き続けることができます
こまめにメンテナンスをしつつ、少しでも長くお気に入りのスニーカーを履き続けましょう!

その他スニーカー関連の記事はこちら

スニーカーの洗い方に関連する記事はこちら

スニーカーのメンテナンスに関連する記事はこちら

この記事に関連するアイテム
created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥4,510 (2024/04/10 02:43:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥5,060 (2024/04/10 02:43:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,033 (2024/04/09 23:41:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥2,000 (2024/04/09 12:04:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2024/04/10 02:43:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ワイドハイター
¥1,400 (2024/04/09 08:45:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,050 (2024/04/10 00:11:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
コロンブス(Columbus)
¥678 (2024/04/09 10:28:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
TARRAGO(タラゴ)
¥1,100 (2024/04/09 08:51:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,970 (2024/04/10 02:43:37時点 Amazon調べ-詳細)