コンバース「ジャックパーセル」をオキシ漬けできれいに洗濯するやり方

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは!
コンバース「ジャックパーセル」を愛用しているのですが、履いているうちに汚れが目立ってきました。
ということで筆者が絶大な信頼を寄せるジェイソンマークの洗剤で洗ってみました。

下記の記事で紹介しています。

ただ、布製のスニーカーに染み付いた汚れはなかなか落ちないんですよね。

白いスニーカーだと尚更汚れも目立つので
どうしても気になってしまいます。

今回はコンバース「ジャックパーセル」ホワイトモデルをオキシクリーンで漬け置き洗い(通称オキシ漬け)してみました!なかなかきれいになったので、やり方や道具をご紹介します!

created by Rinker
CONVERSE(コンバース)
¥5,215 (2024/04/09 20:05:12時点 Amazon調べ-詳細)
この記事はこんな人におすすめ
  • キャンバス素材のスニーカーのオキシ漬けのやり方を知りたい
  • コンバースの白いオールスターやジャックパーセルをきれいに洗いたい

Contents

前回スニーカー用の洗剤でジャックパーセルを洗ってみて気になったこと

先日購入したコンバース「ジャックパーセル」のホワイトモデルが汚れてきたのでまずはジェイソンマークシューケアキットを使ってスニーカー用の洗剤とブラシで汚れを落としました。

ジェイソンマークのシューケアキットは
本当に汚れが落ちるのでおすすめです。

少しお値段が高いようにも感じますが、何度も使えるのでお得感があります。
ただキャンバス素材に染み付いた黒ずみのような汚れは得意ではない様子。

今回はオキシクリーンを使ってジャックパーセルを「オキシ漬け」

粉末タイプの「オキシクリーン」を使ってコンバース「ジャックパーセル」をオキシ漬けします
粉末タイプの「オキシクリーン」を使ってジャックパーセルをオキシ漬け

前回の洗い方でも概ね汚れは取れました。ただキャンバス地にしみついた土埃のような黒ずみのようなものは取れませんでした。 なので今回は漂白できるオキシクリーンで漬け置き洗いにしてみます!

オキシクリーン使用可能な素材に要注意!

オキシクリーンの注意書き

パッケージ記載の使用不可の素材には注意してください!
これを守らず使ってしまうと、スエードの毛羽立ちが溶けたり革パーツが水で硬くなったり染料が溶け出して大きなシミになったりという失敗につながります。本当気をつけて!

オキシクリーンは使用不可の素材には絶対使わないこと!

今回使用する道具

オキシクリーン

オキシクリーンはある時期爆発的に流行しましたが、今も根強い人気でもはやスタンダードと言ってもおかしくない粉末状の酸素系漂白剤です。
海外版と日本版で成分が異なるので注意です!
日本版は衣料品特化。漂白剤ということなので白くなることに期待!

靴が入る桶

筆者はDAISOで購入したバケツを使いましたが靴が先まで浸かりませんでした。
こちらのようにもっと広めの桶や袋を使うと問題なく漬け置きできると思います。
筆者もそのうち購入すると思います。

ウタマロ石鹸

created by Rinker
¥1,050 (2024/04/10 00:11:44時点 Amazon調べ-詳細)


ウタマロ石鹸には蛍光増白剤という漂白成分が含まれているので白い靴紐を洗うのには最適です。
買うなら使い勝手がいいシリコン製の専用ケース付きがおすすめです。

スニーカークリーナー

created by Rinker
¥1,033 (2024/04/09 23:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

消しゴムで代用してもいいのですが、靴用がひとつあるといいですよ。
つま先などアウトソールの汚れはこれで仕上げると一層きれいになります。

種類は色々ありますがフィーリングで選んでみてもOK

ジェイソンマークシューケアキット

もはや説明不要のスニーカー用の洗剤です。スニーカーをきれいに洗うなら必須です。騙されたと思って絶対買って!
お高いですが少量でも泡立ちがいいので、バシャバシャ使わなければ意外に長持ちしますよ。
こちらも仕上げに使用します。

使い捨てのクリーナーや追加のブラシがついたコンプリートセットもあります

created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥4,510 (2024/04/10 02:43:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥5,060 (2024/04/10 02:43:38時点 Amazon調べ-詳細)

シューハンガー


漬け置き後の自然乾燥で使用します。
風通しがよくなって乾燥が早くなります

馬毛のブラシ

土や埃を落とすときに使用します。
しっかり泥などを落としておかないと漬け置き液が汚れてしまいます。

硬めのブラシ

今回洗うコンバース「ジャックパーセル」の汚れの確認

ジャックパーセルの汚れの状態、正面
ジャックパーセルの汚れの状態、サイド
ジャックパーセルの汚れの状態、つま先
ジャックパーセルの汚れの状態、つま先

キャンバス地に染み付いた土埃のような黒ずみのようなものはまだ残っています。

ジャックパーセルの汚れの状態、紐を解いたところ
紐をほどいてみたところ

つま先もかなり汚れています。

ジャックパーセルの汚れの状態、つま先
ジャックパーセルの汚れの状態、つま先

靴紐とインソールも漬け置きで洗います。

ジャックパーセルの汚れの状態、インソール。REACTインソールも汚れてきた
コンバースのREACTインソールも汚れてきました。

コンバース「ジャックパーセル」をオキシ漬けするやり方

STEP

スニーカーの表面や内側の全体的なブラッシング

ジャックパーセルの内側もを毛のブラシで泥、埃、ゴミを落とします。
ジャックパーセルの内側も馬毛のブラシでゴミを落とします。

まずはスニーカーの表面や内側のゴミをブラシでかき出します。
ブラッシングには柔らかい豚毛のブラシがおすすめです。

インソールも取り外してしっかりブラッシングします。

STEP

アウトソールの裏側をブラシで磨く

泥のついたアウトソールは水も含ませて固いめのブラシで落とします

アウトソールは泥などが固まっていたので水なども使って硬めのブラシでゴシゴシ磨きます。

STEP

オキシクリーンで通称「オキシ液」と呼ばれる洗剤を作る

バケツにオキシ液をつくる
オキシクリーンと漬け置き用のバケツを用意します

バケツの容量にあわせて適量のオキシクリーン(水4Lに対してオキシクリーン30g)をバケツに入れます。
スニーカーがしっかり浸かるように計算してください。

適量のオキシクリーン

スニーカーを漬ける容器にオキシクリーンを入れたら40〜60度のぬるま湯「オキシ液」を作ります。
筆者はケトルで沸かしたお湯でオキシクリーンの粉末を溶かしてからお湯を追加しました。

STEP

オキシクリーンで作った洗剤にスニーカー、靴紐、インソールを投入

オキシ液にジャックパーセルを投入
漬け置きするバケツはスニーカーがスっぽいろ入るサイズだと良さそうです

オキシ液にスニーカー、靴紐、インソールを投入します。
筆者のバケツだとインソールが入りきらなかったので急遽風呂桶でオキシ液を追加で用意して漬けました。
スニーカーやインソールは浮かんでくるので上から蓋をして全体が液に浸かるよう工夫してください。

大きめの洗い桶だとスニーカーもすっぽりと収まりそうです

インソールなどは浮いてくるので工夫が必要
しばらく漬け置きします。

ここで失敗ポイント

オキシ漬けした革パーツの染料が溶け出し大きなシミに…終わった…
かなり色移りしてしまいました

タン部分につけていた自作の革パーツがヌメ革の染料が滲み出て色移りが起こってしまいました。
これは終わった。。と思いつつリカバリー作業へ移ります。

滲み出た染料が乾いてしまう前に修復

リカバリー後、目立たなくはなったかも

漂白成分の含まれているウタマロ石鹸で洗浄オキシ液を再度つくって歯ブラシで磨きました
これらでシミを除去して革パーツをドライヤーで乾燥。
革パーツは真っ黒でパリパリになってしまいましたが、なんとかリカバリーできました。

革パーツが含まれる場合はその部分だけオキシ漬けしないように逃した方が良さそうです。

STEP

ジャックパーセルのオキシ漬けが完了

漬け置き直後のジャックパーセル

「オキシ漬け」の漬け置き時間は最低20分最大4時間ほどが推奨されています。
今回は2時間漬け置きしました。
時間になったらスニーカーの状態を確認してオキシ液を捨てます。
そしてスニーカー、靴紐、インソールを取り出し水でよくすすいでスニーカーについたオキシ液をなるべく洗い落とします。

すすぎ残しがあると乾燥した際や洗濯後に紫外線にあたった際に黄ばみの原因になります。

STEP

まだ汚れが気になる場合は追加の洗浄

ジェイソンマークシューケアキットを用意して追加の洗浄を行います
ジェイソンマークシューケアキットを用意して追加の洗浄を行います

気になる汚れがないか目視で確かめて必要であればジェイソンマークシューケアキットで追加洗浄します。
ブラシに洗剤を落としてぬるまゆを少しつけたらシャカシャカ泡立てつつ洗います。
終わったら水でしっかりすすぎましょう。

STEP

脱水と乾燥を行います。

不要なタオルを使って脱水します
不要なタオルを使って脱水します

汚れてもいい不要なタオルでスニーカー全体を拭き取り脱水します。
ここでしっかり水分を取り除かないと汚れのついた水が靴の中でシミの原因になります。

しっかり脱水しましょう。


ある程度水分が拭き取れたら、型崩れ防止新聞紙かキッチンペーパーを包んで靴の中にいれます。
それから風通しのいい場所で陰干しします。
オキシクリーンの成分が日光にあたると生地の黄ばみの原因になるので陰干しが理想です。

洗い終わったら乾燥です

STEP

乾いたらスニーカークリーナーでソールの汚れを取ります。

created by Rinker
¥1,033 (2024/04/09 23:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

スニーカーが乾いたら、シュークリーナーでソールなどを綺麗にします。

STEP

コンバース「ジャックパーセル」のオキシ漬けが完了!
オキシ漬けしたコンバース「ジャックパーセル」白オキシ漬けすることでかなりきれいになったコンバース「ジャックパーセル」

コンバース「ジャックパーセル」のオキシ漬けが完了しました。

かなり白くなったように思います!

おそらくオキシクリーンの漂白成分が効いているんだと思います。

オキシ漬けしたコンバース「ジャックパーセル」白(靴紐なし)

サイドに残っていた黒ずみのような汚れも落ちています。

オキシ漬けしたコンバース「ジャックパーセル」白の側面
サイドの黒ずみもなくなりました。
STEP

インソールだけは綺麗にならない!

オキシ漬けしたコンバース「ジャックパーセル」白のインソール
インソールだけはやっぱりきれいになりません!

やはりインソールはそこまで綺麗にならないようです。
REACTインソールは替えを購入することができるので安心です。

また、ニューバランスのインソールと交換するのも手です。

「RCP280」は




インソールだけは洗っても綺麗にならない!

汗染みが定着してしまうインソールはどうしても綺麗にならないようです。

純正のREACTインソールは単体での購入も可能

また、ニューバランスのインソールと交換するのも手です。
「RCP280」はジャックパーセルのインソールのようにかかとが少し高くなるように作られていて快適!

「RCP130」はコスパよくニューバランスの高機能なインソールが試せるのでおすすめです。

仕上げに防水スプレーでコーティング!

一度洗ったスニーカーには防水スプレーで汚れ防止のコーティングをしましょう。
水分を防ぐのと同時に汚れなどからもスニーカーを守ってくれます。
この一手間でその後の汚れ方が全然変わってきます!

crepの防水スプレがおすすめ

まとめ

白のジャックパーセルを真っ白に洗濯したい場合はオキシ漬けがかなり効果的でした!

キャンバス素材には有効ですが、革やスエードなどの素材が含まれる場合などオキシクリーンの対応素材に注意して適宜パーツが濡れないようにするなどの対策が必要です。

オキシ漬けをしてから気になる汚れがあればジェイソンマーク、油汚れだったらキッチンマジックリンを使うことでほとんどの汚れを落とすことができると思います!
是非試してみてください!

スニーカーのお悩みはこちらで解決!

コンバース関連の記事

スニーカーのお悩みはこちらで解決!

スニーカーの洗い方に関連する記事はこちら

スニーカーのメンテナンスに関連する記事はこちら

スニーカーのインソールに関連する記事はこちら

この記事に関連するアイテム
created by Rinker
CONVERSE(コンバース)
¥5,215 (2024/04/09 20:05:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥4,510 (2024/04/10 02:43:33時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥5,060 (2024/04/10 02:43:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,033 (2024/04/09 23:41:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,050 (2024/04/10 00:11:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
akiriko(アキリコ)
¥495 (2024/04/09 23:41:57時点 Amazon調べ-詳細)