Zoffの曇り止めレンズを試してみた!

コロナの流行からもうすぐ1年になります。ソーシャルディスタンス、三密回避など人々の関係性にも影響するルールのようなものが出来たり、外を出歩く人間が皆マスクをすることが当たり前になりました。様々な価値観が一変した1年間だったと思います。ですが筆者の中で未だにとにかく慣れないことがあります。それは…

スポンサードリンク

マスク着用時にメガネが曇ること!

メガネのレンズが曇るイメージ

歩行時、お店に入った時、電車の中、などなど様々な場面でメガネのレンズが曇ります。化学の技術がこれだけ発展した昨今において、何故こうなるのか…嘆かわしいです…
メガネが曇る現象はマスクから鼻を出すことで改善されるのですが近頃は鼻出しマスクが原因で喧嘩になるなんて話も聞こえてくるのでこれはなんとかしたいですよね。

今まで試してきたこと

メガネの曇り対策を何もしてこなかった訳ではありません。いろいろ試しましたが決定的な改善策がありませんでした。

曇り止めスプレー

曇り止めスプレーをシュっとレンズに吹きかけてメガネ拭きで拭くとレンズに曇り止めコートが施され曇りにくくなるというもの。これは少しでもメガネのレンズを拭き取る時に再度スプレーを使用しないと効果が持続しなかった。なので出先でもスプレーを用意しないといけません。筆者は毎度出歩くたびに用意するのが面倒になり使用しなくなりました。

曇り止めクリーナー

使い捨てのメガネ拭きに曇り止めコートがついているためメガネのレンズを拭くだけで曇り止めになります。こちらも曇り止めスプレーと同じようなものでした。
スプレーではなく使い捨てのクリーナーになるのですが、結構な頻度で買い足さないといけないことや意外と1日で4、5回使用することになり持ち歩くのが面倒になりやめてしまいました。

鼻の部分に折り畳んだティッシュを入れる

これはもう息を通さないという作戦になります。つけた時はいい感じなのですがずるずる落ちてきたり、マスクをいじる度にティッシュのポジションも調整しないといけないのが面倒でした。
マスクにティッシュが貼り付けられたらいいのですが使い捨てのマスクにそこまでするのもなぁという結論に…

スポンサードリンク

曇り止めレンズというものがある

そんなときにネットで曇り止めレンズなるものを見つけました。曇り止めコートがレンズに施されていて、メガネが曇らないそう。特に何かを吹き付けたりする必要もなく、専用のメガネ拭き(何回でも使用できるっぽい)でメガネを吹けば持続するとのこと。

Zoffオンラインストアで曇り止めレンズが無料になってた

現在は終了していますが年末年始のタイミングにZoffオンラインストア限定で曇り止めレンズのオプションが無料になっていたのを発見!思わず購入しました。
現在キャンペーンは終了していて+3,300円のオプションとなるそうです。

スポンサードリンク

届くまで1ヶ月かかった

注文が殺到していたようで購入から配送までひと月かかり1月に注文したメガネが2月に届きました。無料オプションなのでまあしかたないですね。

曇り止めレンズの使用感は…

曇り止めレンズ搭載メガネ

ということでやっと試すことができました。もうZoffの無料キャンペーンは終わってしまいましたが気になる方もいると思うのでレビューします。ちなみに筆者目がすごく悪いです。

通常時にレンズのコーティングが気になることはない

曇り止めレンズ搭載メガネ

通常時は普通のレンズと同じような見え方です。
特別な膜があるとか見え方が変わるということはないようです。

一旦曇る

レンズが曇るような状況になると曇り止めレンズも一旦は曇ります。そこからヌーっと曇りがひいていきます。これがこのレンズの特徴のようです。まったく曇らないわけではなく、一旦曇ってから曇りがなくなります。

小さい曇りはあまり気にならなくなる

今まで気になっていたレンズの曇りが体感で6割くらい気にならなくなったように思います。
冬の電車移動が少し楽になりました。

デメリットとしてはブルーライトカット機能は同時につけられない

曇り止め機能とブルーライトカット機能は別々のレンズになるのでひとつのメガネに追加することができません。ここは悩ましいところです。

スポンサードリンク

まとめ

完全に曇らないレンズにはなりませんが、かなり曇らなくなります。メガネのレンズの曇りが気になっていたり、イライラしていた方はオプション料金を払ってでも曇り止めレンズを試してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

新着記事NEW POST

人気記事POPULAR POST

スポンサードリンク