中古戸建てを購入して新居の入居前に準備したことと便利をご紹介!

こんにちは!@kurashimemo_ryuです。

先日重い腰を上げて中古の戸建てを購入。引っ越しをしました。
リノベーション済みなのですが長くきれいに住むためにはしっかり備えが必要ということで入居前に色々と揃えてみました。

どのアイテムがいいのか考えるのも大変!

そこで今回は筆者が実際に使ってみて手応えのあったアイテムをご紹介します!

こんな人におすすめ

  • 引っ越しを控えている人
  • 入居前に何を準備しようか考え中の人
  • 色々自分で手を動かしたい人

スポンサードリンク

住居全体の虫対策

まずは持ち家の宿命とも言われ、最も気になる家全体の虫対策です。

室内の隠れた虫対策:バルサン

created by Rinker
バルサン
¥2,339 (2022/11/10 13:51:17時点 Amazon調べ-詳細)

入居前にできる王道の虫対策の「バルサン」は我が家でも部屋ごとに使いました。
入居前の工事などで様々な業者の人が窓を開け放して作業していたりするので虫が忍び込んでいるケースが多いようです。
家の中に家具など家財道具を入れる前にやってしまいましょう。
薬剤に水を浸して数分で霧状の殺虫剤が部屋に広がり潜んでいる虫を退治します。
余談ですが2階でバルサンを焚きながら1階で作業していたら咳が止まらなくなって死にかけました。皆さんは気をつけてください!

ゴキブリ対策:キンチョー「ゴキブリムエンダー」

created by Rinker
大日本除虫菊
¥1,591 (2022/11/10 13:51:18時点 Amazon調べ-詳細)

やはり我が家ではゴキブリには出会いたくない…
ということで少々お高いですがこちらのアイテムはバルサンに近い効果があるとのことで、定期的に部屋の四隅や玄関に吹きかけています。
今のところはゴキブリはみかけていません。
2週間に一度使うといいそうです!

蚊などの対策:キンチョー「蚊がいなくなるスプレー」

このスプレーをワンプッシュするだけで12時間ほど蚊を寄せ付けないというアイテム。
持続時間は短いもののその効果はAmazonのレビューの高評価の多さからも分かりますが本物です。
蚊の入りやすい玄関口やベランダなどに定期的にシュッとしています。

水回りの虫対策

続いて水回りの虫対策です。配管の隙間などから虫が上がってくることが多いようです。

配管の隙間をふさぐ:セメダイン「隙間埋めパテ」

created by Rinker
セメダイン(Cemedine)
¥430 (2022/11/10 18:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

固まらない粘土のようなパテをねりねりして配管の隙間をふさぎます。

セメダイン「隙間埋めパテ」
セメダイン「隙間埋めパテ」をこねてみる

複雑な形状や細かな隙間もしっかり塞げていいですね。

セメダイン「隙間埋めパテ」で配管の隙間を塞いだところ

工事や点検で配管付近を開ける時には簡単に取れます。
隙間を埋めた後は「ゴキブリムエンダー」をワンプッシュしましょう。

created by Rinker
大日本除虫菊
¥1,591 (2022/11/10 13:51:18時点 Amazon調べ-詳細)

配管の隙間をふさぐ:防カビ マスキングテープ

隙間埋めパテでふさぐにはちょっと大きい隙間や直線的な隙間などにはこれを使います。

防カビマスキングテープで配管周りの隙間を塞いだところ

汚れてきたら取り替えることも可能なので気分が楽です。
お店には幅が違うマスキングテープがいくつかあったので色々買ってきて使いました。 こちらも隙間を埋めた後は「ゴキブリムエンダー」をワンプッシュしましょう。

created by Rinker
大日本除虫菊
¥1,591 (2022/11/10 13:51:18時点 Amazon調べ-詳細)

水回り全体の水垢対策:超撥水スプレー

水まわりは放っておくとすぐに汚れてしまいますが、毎日掃除するのも大変ですよね。
超撥水スプレーを吹きかけると水を弾いてくれるようになるので、浴室、洗面台、キッチンの流しなどに満遍なくふりかけておきます。
定期的にやりましょう。

キッチン周りの準備

キッチンには油汚れや重い電化製品による床の痛みなど対策しておきたいことが何かとあります。

冷蔵庫下の床を保護する:冷蔵庫マット

冷蔵庫の重みで床材にへこみができることがよくあります。
今回は冷蔵庫マットを敷きました。固くて透明なマットを敷くことで床に傷や凹みなどができてしまうことを防ぎます。 インテリアの邪魔もしません。

食器棚の汚れ対策:防菌シート

created by Rinker
Hersvin
¥1,899 (2022/11/11 05:03:49時点 Amazon調べ-詳細)

食器棚には防菌シートを敷いて汚れや滑り止めの対策をしましょう。防虫効果もあります。

ビルトインコンロの隙間汚れ対策:フレームカバー

フレームカバーフリーサイズ
東洋アルミ(Toyo Aluminium)

ビルトインコンロの小さい隙間にはゴミがたまりがちです。小さい隙間なので掃除するのも大変…ということで埋めてしまいます。
折り目のついている透明のシリコンのテープをビルトインコンロの縁に這わせるように貼っていけば隙間を塞ぐことができます。
伸ばしながら貼ることで角のカーブなどもきれいに貼り付けられますが、空気が意外に入り込んだり、直線できれいに貼ろうとすると少し難しいです。手先が器用な人にお願いするといいかもしれません。

コンロの排気口対策:tower「排気口カバー」

グリルの熱を排出するす排気口にはゴミが入りがちです。しかも中に入ってしまったゴミはなかなか掃除できません。
ゴミが入らないようにカバーをつけましょう。towerの商品なのでしっかりおしゃれです。上に物を置くこともできるようになるのも便利!(ガラスなどを置く場合は割と熱くなるので割れないか注意してください)

換気扇のほこり対策:スターフィルター

コンロ上にある換気扇の網は油汚れなどでギトギトに汚れますよね。こびりついた油汚れを洗い落とすのもすごく大変です。先に対策しておきましょう。今回は「スターフィルター」という換気扇フィルターを導入しました。
仕組みとしては既設の「換気扇カバー」と「分厚いフィルターを挟み込んだスターフィルター用のカバー」を取り替えます。

スターフィルターはこんなに分厚い

スターフィルター用のカバーには網などはないため汚れたフィルターを取り替えるだけで簡単にお掃除ができます。
様々なメーカーの換気扇に対応するカバーが発売されています。我が家はリクシルでしたが新しめの換気扇でも対応していました。

換気扇カバーをスターフィルターに交換したところ

トイレ、浴室まわりの準備

換気扇や浴室乾燥機が入っているトイレ、浴室にもフィルターなどを設置します。

トイレのにおい対策:人感センサー付き消臭スプレー

臭いが気になるトイレには人感センサー付きの消臭スプレーを設置しました。
人が入ってくると自動でシュッとしてくれます。

換気扇の汚れ対策:シール式の換気扇フィルター

トイレ、浴室、洗面所の換気扇もしばらくすると汚れてきます。取り外して洗うのもなかなか大変なので、汚れたら張り替えるだけのシール式のフィルターが便利です。

トイレや脱衣所専用の小さめフィルター

浴室乾燥機専用のフィルターもあります。

換気扇フィルターの取り付けは高いところでの作業になるので脚立、踏み台がないと危険です。
筆者は下記の脚立を購入しましたがしっかり踏めて便利です。

洗面所まわりの準備

壁掛け式オートソープディスペンサー

created by Rinker
大日本除虫菊
¥1,591 (2022/11/10 13:51:18時点 Amazon調べ-詳細)

手をかざすと自動で石鹸を排出してくれるオートソープディスペンサーです。

壁掛け式オートソープディスペンサーを設置したところ

置き型だと底面に汚れがたまったりするので今回は壁掛け式にしました!
手をかざすと一回分の泡が出てきます。吐出量は3段階で設定可能。なぜか室温を表示する機能もあります。

壁掛け式オートソープディスペンサーに手をかざすとしっかり泡が出てきた

清潔感のある白いボディはインテリアの邪魔をしないのでなかなか良いです。
充電はUSB式。背面のパネルから本体を外して充電します。しかし便利な時代になりましたね。

洗面台の掃除に:壁掛け式スポンジ

壁掛け式スポンジを設置してみた

我が家では洗面台にはメラミンスポンジを刻んで置いていたのですが、見栄えがとても悪いことが気になっていました。
ということで今回壁掛け式のスポンジを導入。見た目もすっきりして洗面台も汚れないので気に入っています。

壁掛け式スポンジの仕組み

洗濯機下の掃除に:洗濯機置き台

洗濯機の下って汚れがたまりやすいんですよね。しかし洗濯機が重いため動かして掃除をすることができませんでした。
今回は洗濯機の下にキャスター付きの置き台を設置することに。洗濯機の下にスペースができるので掃除もできますし、キャスターがついているため動かすこともできます。これはいい!

洗濯機置き台を置いたところ

まとめ

新居はなるべく綺麗に便利に使いたいですよね。やはり事前に気になることをまとめておいてひとつずつ対策をしてから入居すると取り付けなどもスムーズにできると思いました。
皆さんも是非参考にしてみてください!

新着記事NEW POST

人気記事POPULAR POST